ブラックジャックのルールを初心者でも理解できるよう整理しました

オンラインカジノ老舗ウィリアムヒルさんが新規参加者向けにキャンペーンとフォローを強化したようです。

当サイトでもウィリアムヒルはキラーハウスとして推奨しているので、このタイミングで登録してみてはいかがでしょうか。

比較と評価

ウィリアムヒルに関する詳細レビューなどを確認する

ブラックジャックの基礎

 

プレイヤーはディーラーとの間で1対1の勝負を行います。また、プレイヤーが複数いる場合には、ディーラーは複数のプレイヤーと同時に勝負をすることになります。

 

勝負のルールは簡単ですカードの合計値が21に近い方が勝ち、しかしカードの合計が21を超えてしまったらその時点で負けになります。

 

ではそれぞれのカードの数え方は以下の通りです・・・

 

カードを画像

 

 

ブラックジャックのルール-進め方の概要説明-

ブラックジャックは1ゲーム数分で完了します。具体的な流れは以下のステップで行われていきます。

 

 

  1. テーブルに着く
  2. テーブルに着いたらまずブラックジャックのルールを確認します。

     

    ①の枠で囲われたテーブルにルールが書かれています。このテーブルでは

    • ブラックジャックがでたら1.5倍(3to2とは2枚ベットに対して3枚の支払をしますという意味)
    • ディーラーはカードの合計が17になるまでカードを引き続けます
    • インシュランスは2倍(2to1とは1枚ベットに対して2枚の支払いをしますsという意味)

     

    ②で囲われた+と-ボタン
    ベット数を増加したり減らしたりすることができます。

     

    ③で囲われたアクションボタン
    ユーザーが取れるアクションです。色がついているものが現在できるアクションです。

     

    ブラックジャックのルールその1

     

     

     

     

  3. ベットとカードの配布・インシュランスの選択
  4. ベット数を決めてアクションボタンの一番右にある「DEAL」をクリックするとカードを配布されます。これでゲームがスタートします。

     

    カードが配られると、画面上段と下段にそれぞれカードが分けられます。

    • 上段のカードがディーラーのカード
    • 下段のカードがプレイヤー(自分)のカード

     

    ディーラーのカードが「A」、もしくは絵札(10に当たるカード)が表示されている時にインシュランスというベットをすることができます。

     

    インシュランスとは・・・

    ディーラーがナチュラルでブラックジャック(21)になっているかどうかをベットする方法です。

     

    ここでベットする場合は自分が始めにベットした金額の半分までベットすることができます。

     

    もしブラックジャックだった場合は2倍の支払いを受けますが、ナチュラルでない場合はベットが没収されます。

     

    ブラックジャックのルールその2

     

     

     

     

  5. プレイヤーがアクションを決める
  6. ブラックジャックのルールその3

     

    インシュランスの判断が終わったら、まずプレイヤーがカードの数字を確認しながら以下のアクションを取っていきます。

     

    例では1回ヒットを行ったあと、スタンドを選択しました。

     

    アクション一覧

    • ヒット
    • プレイヤーが任意でもう1枚カードを引く事ができる。ヒットをするとディーラーは表向きでカードを配布し21を超えない限り次のアクションを取ることができるが、21を超えた時点でバーストとなり掛け金が没収される。

       

    • スタンド
    • プレイヤーが自分のカードの数字に満足している時、もうアクションを終了すること。スタンドをすると他のプレイヤーがいる場合は次のプレイヤーがアクションを起こすがいない場合はディーラーがアクションを起こす順番に移る。

       

    • ダブルダウン
    • ダブルダウン
      掛け金を条件付きで増やせるアクションです。始めにベットした金額までの金額を追加でベットすることができるが、その代わりあと1枚しかヒット(カードを引く事)ができないアクション。

       

      ただしダブルダウンは基本的なルールではなくブラックジャックを行っているテーブル毎にできる場合とできない場合があります。ダブルダウンが適応されているかどうかは初めにテーブルに着いた時にルールを核にする必要があります。

       

    • スプリット
    • スプリット
      初回に配布されたカードが同じ値である場合(たとえば、7と7だったり、10とKだったり)にそれぞれのカードを分けてハンドを1つから2つに分けることができる。

       

      具体的には、スプリットをすると、それぞれのカードに対してディーラーから1枚づつカードが加えられる。プレイヤーは同額のベットを追加することで2つのハンドを進めることができる。

       

      スプリット後のアクションはヒットやスタンドなど通常のルールで行うことができるが以下が注意点である。

       

      1. AとAのカードをスプリットした場合は次に10のカードがきてナチュラルのブラックジャックとしては扱われないため支払いは通常の勝ち金額になる。※1.5倍ではない。
      2.  

      3. スプリット後にどちらかのハンドに対して再び同じ数字のカードがきてもスプリットができるか、またスプリット後のダブルダウンができるかどうかはテーブル毎にルールを確認しないといけない

       

    • サレンダー
    • 最初の2枚カードを確認した後に、プレイヤーがベット額の半額を無条件で譲ることを条件としてプレイを中止することが可能な場合があります。

       

      具体的には以下2種類のサレンダーがありますが、どちらの場合もテーブルに着いた時点でルールを確認しておく必要があります。

       

      レイトサレンダー
      ディーラーがナチュラルを持っているか確認した後(ナチュラルでブラックジャックの場合は中止ができない)でサレンダーを選択することができる

       

      アーリーサレンダー
      ディーラーがナチュラルかどうか確認する前にサレンダーを選択することができる

       

      ※アーリーサレンダーはプレイヤーに対して約+0.63%もの期待値を与えるアクションであるため、まずカジノ側が許していることは少ない。

     

     

  7. ディーラーがアクションをする
  8. すべてのプレイヤーがアクションを完了(スタンド)した後にディーラーがアクションを起こします。

     

    ディーラーにはカジノ側からルールが設定されているため、以下のアクションしか行いません。

     

    ディーラーのアクションルール

    カード合計値が17に達するまではヒットを続ける。17以上になった時点でスタンドする

     

    たったこれだけのアクションであるため、17という数字がブラックジャックでは鍵になります。

     

    ブラックジャックのルールその4

     

  9. ゲーム終了
  10. ディーラーがアクションを終えた時点でカードを示します。この時点でバーストしていない場合は21に近いハンドが勝ちになります。

     

    ここまでゲームが進行しない可能性も多く存在します。ゲームはバーストさせることも戦略として大切になってきます。

     

     

 

ジャックポットシティの無料ゲームで練習してみる

 

ではルールを覚えたら実際にブラックジャックで遊んでみましょう。オンラインカジノでは無料で実際のゲームの練習が出来るのでどんどん活用しましょう。

 

 

 

今月のおすすめカジノ

 

 

 

 

【関係ページ】

 

【捕捉情報】
オンラインカジノを効果的に活用するためには資金をいかに効率的に管理するかがポイントになってきます。当サイトでは歴史も実績も安全のネッテラーを使った資金管理方法を推奨しています。